記事索引
Sponsored links
  

抗酸化作用、かぼちゃの健康作用、栄養素、かぼちゃレシピ

■かぼちゃの健康作用、栄養素

かぼちゃは代表的な緑黄色野菜。カロテンを多く含む。

かぼちゃには抗酸化作用があり、活性酸素を除去してガン細胞の

発生を防ぎ、発生してもガンと闘うマクロファージなどを活性化

します。

粘液を丈夫にし、カゼに対する抵抗力をつけます。

ビタミンCも含まれ、これも体内で発ガン物質が作られるのを

防ぎます。

■かぼちゃの料理レシピ

煮物、揚げ物、焼き物、温野菜サラダといろいろ使えます。

カロテンは油と一緒に摂取すると効率が良いので、油調理を

オススメします。といっても油の制限をしたい方は少な目の油で!

煮物はだしで煮るのですが、一度油で素揚げしてから煮ると

良いですね。またお肉と一緒でも油、たんぱく質も一緒に摂れて

一石二鳥です。油の少ないお肉を選ぶとカロリーも低く抑えられますね。

天ぷらも油と一緒に摂れます。かぼちゃ2枚の間にひき肉などを

挟んで揚げても良いでしょう。

蒸して(ゆでるよりは水気が良く切れてホクホク)つぶし、

かぼちゃのコロッケ、甘いのが苦手な方は、じゃがいもと半々に

すれば良いですよ。

温野菜や味噌汁の実にも、また蒸したものを潰して、だしでのばし

ミキサーにかけ、ホワイトソースや牛乳を加えスープにすると

カルシウムも一緒に摂れます。

鉄板や網焼きでも美味しいです。網焼きのときにサラダ油を

刷毛で薄く塗って焼けば栄養効果も上がります。

お肉のスライス(鶏、豚、牛何でも良い)を冷しゃぶにして

生野菜をたっぷり使い、硬めにゆでたかぼちゃスライスを

甘みのアクセントにすると、美味しい。

かぼちゃは、漬物にも出来ます。あまり厚くせず(スライスでも)

ぬかずけにすれば、カリカリとして美味しく、ぬかによる

ビタミンB1も増えて栄養効果が高まります。

潰したかぼちゃを砂糖、水あめなどで煮てかぼちゃのあんこも

出来ます。その応用でかぼちゃ羊羹。寒天寄せなど冷たい

デザートとしても利用できます。

カロリーのこと、制限のことを加味して上手に摂取しましょう。

| 栄養素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

必須微量元素

必須微量元素

・必須微量元素
  微量ではありますが、健康を維持するためには必須の栄養素。
  
  クロム・・・・糖質・脂質の代謝。インシュリンの作用を
         強くする。
         血中コレステロール・中性脂肪を正常に保つ。  
         必要量摂れていれば、動脈硬化、糖尿病、
         高血圧の予防になります。


  クロムを含む食品(1日摂取量290μg)単位μg
         小麦胚芽60 米ぬか82 チョコレート(菓子)57

         えごま57 緑豆66 イカナゴ煮干100 鰯丸干し76

         鰯煮干96 タタミイワシ70 アサリ佃煮74 

         牛肉脂つきモモ100 脱脂粉乳65 チーズ50〜70 

         ザーサイ63 あおさ85 あおのり480 

         水前寺のり210 岩のり乾燥81 味付け海苔50

         昆布70〜100 ひじき乾燥270 ワカメ乾燥100 

         茎ワカメ生99


  セレン・・・・血管の老化を早める過酸化脂質を分解します。
           

  モリブデン・・新陳代謝を促進します。
         肝臓・腎臓内の酵素を助け、鉄分を有効利用。
         不足すると疲れやすくなったり、貧血に・・。

  ヨウ素・・・・=ヨード。甲状腺ホルモンの材料。
         発育やエネルギーを作り出すために重要。 

  マンガン・・・たんぱく質や骨を作る、エネルギー作りに関与。
         不足すると骨の発育不不全、傷が治りにくい、
         疲れやすい。  

  亜鉛・・・・・細胞の分裂・再生、傷の回復に関与。
         不足すると、抜け毛、乾燥肌、味覚・嗅覚障害
         免疫機能・生殖機能低下。免疫機能低下による
         感染症を引き起こしやすい。
         爪に白い斑点が現れることがある。





| 栄養素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。