記事索引
Sponsored links
  

カボチャの種の効果

カボチャの種、栄養成分、体に良い成分、効果。
2013071001 (4).JPG

2014062002 (32).JPG


カボチャの種は、あらゆる食品の中でも、高い栄養価のある食品です。
日本では、種を食品とする馴染みが薄く、カボチャの種も、近年になって食用として取り扱われている。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
かぼちゃの種:100g(1カップ)あたりの栄養素
( )内は、摂取したい目標摂取量一食分
【ビタミン】 (一食あたりの目安)
ビタミンA 4μg 221μgRE
ビタミンE 0.6mg 2.2mg
ビタミンK 2μg 17μg
ビタミンB1 0.21mg 0.32mg
ビタミンB2 0.19mg 0.36mg
ナイアシン 4.4mg 3.48mgNE
ビタミンB6 0.16mg 0.35mg
葉酸 79μg 80μg
パントテン酸 0.65mg 1.5mg
ビオチン 12.9μg 17μg

【ミネラル】 (一食あたりの目安)
ナトリウム 47mg 〜1000mg
カリウム 840mg 833mg
カルシウム 44mg 221mg
マグネシウム 530mg 91.8mg
リン 1100mg 381mg
鉄 6.5mg 3.49mg
亜鉛 7.7mg 3mg
銅 1.26mg 0.24mg
マンガン 4.39mg 1.17mg
セレン 5μg 8.3μg
クロム 13μg 10μg
モリブデン 42μg 6.7μg

食物繊維 総量 7.3g 5.7g〜
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ミネラルが多く、特筆すべきは、モリブデン、マグネシウム、亜鉛。
不飽和脂肪酸の一つ、オメガ-3脂肪酸を多く含み、
コレステロールを下げる(悪玉コレステロールを下げる)
中性脂肪を下げる
動脈硬化・心筋梗塞予防、高血圧予防、脂肪肝(肝臓の病気)予防
高脂血症予防、加齢黄斑変性予防などの効果が期待される。
カボチャの種の栄養は、男性の健康のために必須であり、特に前立腺肥大防止に効果があると言われます。
トリプトファンは、精神安定に有効であり、よりよい睡眠の有効。
カボチャの種におけるビタミンB群は、コレステロールを減らすために、体内で補因子として働く
また、不安症および神経学的障害を低減することが知られているGABA活性を増強する。
GABAとは、植物や動物、わたしたちの体内にも広く存在する、天然アミノ酸のひとつ。
γ-アミノ酪酸(Gamma Amino Butyric Acid)を略して、GABA(ギャバ)
ギャバには、気持ちを落ち着かせる「抗ストレス作用」があります。
ギャバは、脳に存在する抑制系の神経伝達物質として、ストレスを和らげ、
興奮した神経を落ち着かせる働きをしています。
ドーパミンなど興奮系の神経伝達物質の過剰分泌を抑えて、リラックス状態をもたらす作用がある。

カボチャの種はまた、抗炎症作用、抗菌作用がある。
例えば、副鼻腔炎、関節炎、滑液包炎、および他の自己免疫疾患のような慢性炎症に苦しむ人に有効。

カボチャの種は、体内の悪玉コレステロールを減らすことができ、
消化管でのコレステロールの吸収を阻止に効果のあるフィトステロールが多く含まれる。
腎臓結石や骨粗しょう症を予防することが知られている。

できれば、ロースとしていない生のカボチャの種のほうが、栄養的に高く、健康維持に役立つでしょう。
生の種を食べるには、カボチャを切ったときの種を乾燥させて、中の種子を取ったり、
手間のかかるものですが、捨ててしまうには、これほどの効果が期待できるならば、もったいない。
時間の無い方は、生の種も販売されています。
サラダなどのトッピングとして使えば、食べやすいでしょう。

ドイツでは薬用として認可され、主に過敏性膀胱炎や頻尿など、排尿トラブルに効果的です。
緑黄色野菜の代表格、カボチャは、果肉はもちろん、種、ワタの部分も利用したいものです。

かぼちゃの種の健康効果
◆女性の排尿障害を軽減する効果
◆前立腺肥大を抑制する効果
◆骨粗しょう症を予防する効果
◆体力を増強する効果
◆新陳代謝を活発にする効果
◆コレステロール値を下げる効果
◆老化や病気を予防する効果

花粉症に効果あり:ジャバラ・邪祓・邪払という柑橘

邪祓101125-1.jpg


和歌山県の北山村というところに、ひっそりと自生していた
ジャバラという柑橘。
調査の結果、日本中はおろか世界でも新種の柑橘であることがわかり、
1979年(昭和54年)に新種登録されたそうです。

昔から奇跡の木といわれて、邪気を祓うということから邪祓・邪払・ジャバラ
と呼ばれています。
どこが奇跡かといいますと、この果汁を飲むと元気になる。
特に、花粉症に効果があるという調査結果が出ると
一挙に人気が出た。

北山村だけで栽培されていたジャバラも、近年ほかの県でも
栽培されるようになったようで、市場にも良く出るようになった。


北山村では、ジャムやポン酢などに加工されて販売されている。
これらは楽天市場でも取り扱っている。


焼き魚に絞ったり、市販のポン酢に加えたり、果汁を蜂蜜で割って
ジュースにしたり、生で使うのが一番良いと思いますが、
市場に出始めたとは言っても、まだまだ生では手に入りにくいですね。
ネットショップのものを利用されると良いでしょう。

花粉症、緑茶の健康作用、栄養素、緑茶レシピ

■緑茶の健康作用、栄養素、緑茶レシピ

緑茶には、カテキン(タンニンと呼ばれる渋み成分)
フラボノイド、ビタミンC・・が含まれます。

カテキンはガンを予防し、花粉症、接触性アレルギー性皮膚炎

に効果があります。


タンニンは、筋肉などを収縮させる収斂作用があり、止血・抗菌

鎮痛効果があります。


ビタミンCは、カゼ予防、美肌効果。


その他、動脈硬化予防・血糖低下の効果もあります。


ビタミンEは、抽出では摂りにくく、直接食べることになります。
お抹茶としていただくか、抹茶塩、天ぷらの衣に混ぜたり
スイーツとして摂取しましょう。
また、お茶を入れた茶殻をかき揚げにしたり、佃煮風にしても
良いですね。

万能薬・あしたば健康作用、栄養素

あしたば健康作用、栄養素
 
 ビタミンB2 カロテン、ビタミンC、鉄、カリウム、カルシウム

 特にビタミンB2が多く、高血圧、糖尿病 腎臓病、肝臓病、

 悪性貧血に有効。カロテンはがん予防。切った時に出る汁は

 フラボノイドもがん予防、便通を整える。

 抗がん物質ゲルマニウムも多い。

 含有成分イソクエルチトリンは毛細血管を強くする。


■あしたば料理

・おひたし、白和え、胡麻和え、酢味噌和え、炒め物、天ぷら
 たんぱく質と一緒に摂れるように工夫しましょう。
 豆腐や卵、低カロリーのために油の少ない肉類、シラスなど。

・アク・苦味があるので、苦手な方は天ぷらにすると食べやすい。
 (春の野菜・山菜はアクが強いものが多いですが、油調理すると
  苦味がやわらいで食べやすくなります。)

・あしたばの卵とじ
  茹でたあしたばをあらかじめ合わせただしでさっと煮て、
  すばやく卵でとじます。

※おひたしにする時に、茹でた野菜に直接醤油をかけるのではなく
 浸しですから、だし5:醤油1:煮切みりん0.5(または砂糖少々)
 に浸しておきます。塩分量もグッと減りますよ!
 醤油の味で食べるのではなく、素材の味、風味を楽しんでください。
 塩分は、慣れてくると物足りなくなり、どんどん濃くなります。   

むくみ取り、きゅうりの栄養素、健康作用、きゅうりレシピ

■きゅうりの栄養素、健康作用

きゅうりには、イソクエルシトリンという成分が含まれ、

むくみ取りの効果がある。

膀胱炎、急性腎炎で、むくみがある場合の応急処置に効果。


■きゅうりレシピ

圧倒的に生で食べることが多いですね。

サラダや酢の物に利用しますが、きゅうりにはビタミンCを

破壊する酵素がありますので、他の野菜と混ぜずに単品で

使いましょう。野菜ジュースなどもきゅうりは外したほうが

良いでしょう。


中華では、炒め物にしますね。

細切りを肉と一緒に塩コショウ、醤油で炒めても美味しいです。

ぬかずけは、栄養価がぐーんと増します。(VB1)

抗潰瘍作用、キャベツの健康作用、栄養素、キャベツレシピ

■キャベツの健康作用、栄養素、キャベツレシピ

キャベツの葉1枚で1日の必要量半分が取れるほどビタミンCが

豊富です。

含まれるビタミンKは血液を凝固させ、骨を強くし、骨粗しょう症

を防ぎます。抗潰瘍作用もあり、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の予防

治療に子かがあります。

ビタミンU・Kが通風の発作を予防します。

硫黄、塩素などのミネラルを含み、胃腸内で消化吸収を助け、

消化不良によるむかつきを防ぐ作用があります。


■キャベツレシピ

茹でる、煮る、炒める、生、蒸す・・使い道豊富。


キャベツを生で食べる

ビタミンCを摂るには生で食べるのが一番良いですね。

春キャベツならよく洗ってちぎって食べるのが良いです。

刻みキャベツもよく洗ったあと刻んで、栄養のことを考えると

水に浸さないで切ったまま食べるのが良いのでしょうが

パリッとした食感も味の一つですから、どちらが良いかは

個人で判断してくださいね。

葉の真ん中にある芯に直角に刻むとか、丸ごと端から刻む、

一枚づつはがして丸めて切るとか、さまざまきり方がありますが

ご自分で一番美味しいと思う方法で良いと思います。

いろいろ言われますけど、食感も見た目も味の一つですから

とらわれないで良いと思います。


キャベツを炒める

簡単、手軽なので大いに炒めてください。

回鍋肉(ホイコウロウ)は肉料理ですが、キャベツを美味しく

食べる料理の一つですね。

キャベツは大ぶりに切ってさっと茹でます。豚肉は厚めに

スライス4〜5センチ角くらい(お好みで)に切って

長葱、生姜を入れて茹でます。(脂落とし)

鍋に油を引き豆板醤を炒め、刻み葱、生姜、にんにくを入れて

香りを立たせ、キャベツと豚肉を戻し(回:鍋を使い回す)

甜麺醤、醤油、酒、砂糖、酢で味を調え、ごま油で仕上げます。


肉(ロー)は中国では豚肉のことですが、牛肉でも、鶏肉でも

良いんじゃないでしょうか。厚揚げもカロリーが低く抑えられて

良いですよ。


炒め物は、こだわり無く肉と合わせたり、魚介類と合わせたり

簡単に食卓の一品となりますね。

醤油、ソース、塩コショウどんな調味料とも相性が良いです。

味、食感、栄養面でも手早くいためるのがコツです。


キャベツの蒸し物

キャベツの重ね蒸し

07010812.DSCF1595.JPG実はこれは白菜です。

作り方は同じ、

イメージとして

見てください。

こんな重ね漬(漬物)も

ありますね

キャベツはさっと茹でて(半生)おきます。流し缶に薄塩した

キャベツ、魚介(肉)を交互に重ねて酒を振りかけて蒸します。

切り分けてそのままでもよし、くずあんをかけてもよしです。


その他、煮込み(ロールキャベツなど)、茹でて酢の物

漬物、などいろいろ楽しんでください。

糖尿病、オクラの健康栄養素、オクラレシピ

■オクラの健康栄養素、料理レシピ

アフリカ北東部原産。紀元前から栽培されている。

幕末に日本に入ってきましたが、1965年ごろから

普及した。

オクラのヌメリはガラクタン、アラバン、ペクチンなどの

食物繊維。整腸作用やコレステロールを減らす作用がある。

ペクチンは、血糖値の急上昇を防止し、糖尿病予防にも

効果があります。

オクラには他に、鉄分、カルシウム、カロテン、ビタミンCが

含まれています。

栄養価が高いので、夏バテ、疲労回復にも良いですよ。

糖尿病、高脂血症に効果あり。


■オクラの料理レシピ

生で食べる。サラダに、刻んでかつおをかけただけでも美味しい。

納豆とあわせたり、糸作り刺身とあわせても良いですね。

さっと茹でておひたしや揚げびたし。

煮物は、さっと煮てだしを吸わせる。長い間煮ると色も

悪くなるし、栄養素も損なわれます。

オクラだけおひたしにして付け合せる、色も良いですし

栄養素も保たれます。

刻んで、麺の薬味としてもいいものです。

煮物にする時は、

疲労回復、滋養強壮、アスパラガスの健康栄養素・料理レシピ

アスパラガスの健康栄養素

病気に対する抵抗力を高め、感染症から体を守るカロテン。

疲労回復、滋養強壮、新陳代謝を高める、たんぱく質合成を高める
アスパラギン酸。
高血圧、動脈硬化を予防、血管を強くする、利尿効果のルチン。

赤血球を作るのに必要な葉酸。

アスパラガスは、カロテン、ビタミンC・Dなど一度に摂ることが
できるので、抗腫瘍作用に効果があります。


■アスパラガスの料理レシピ

茹ですぎないことが重要。たっぷりの湯に塩を入れて、
立てて根元を先に茹で、全体を茹でます。
焼くと、ビタミン損失が少なくてすみます。

・炒め物など、今までピーマンを使っていたのをアスパラガスに
 変えてみましょう。八宝菜や酢豚、肉団子の甘酢など。

・焼き浸し。
 ロースとビーフ、ステーキの付け合せ、
 筑前煮や魚の煮付けの付け合わせにも・・。
 煮物の仕上がりに一緒に煮てもいいですね。

・サラダ。たんぱく質と一緒に摂るといいですよ!
  ツナ、蒸し鶏、蒸し豚、ハム
  生魚、海老、貝類とカルパッチョに

・巻いて焼く、揚げる。
 鶏肉、豚肉、魚をアスパラに巻いて、串で焼いたり、天ぷら
 フライにします。


カロリーを考えて自分に合った料理を選んでください。

風邪治療・あさつき料理、健康作用、栄養素

■浅葱(あさつき)の健康作用
ねぎ類は風邪の治療、予防に民間薬としても用いられてきました。

葱特有の辛味は、硫化アリルの一種アリシンで、血行をよくし

体を温めます。ビタミンB1の吸収を高める作用で、疲労回復を

促します。風邪で弱った体には最適です。

含有成分のイオウは、鎮静効果があり枕元に置くと安眠できます。
  (たまねぎスライスも同じ効果が得られます)
ショウガと一緒に煎じたり、熱湯を注ぐだけでも、飲むと

体を温めて、発汗を促します。

硫化アリルの血液サラサラ効果は、高血圧や動脈硬化防止に!


■浅葱(あさつき)の料理

葱類に含まれるアリシンは、揮発性なので、長い加熱や水で

さらしすぎると、効果が期待できなくなります。

料理と言っても、主に薬味として使うことが多いですね。

ビタミンB1(豚肉に多い)と一緒にとると効果が高まります。

・豚肉の葱巻きフライ
  
06051819.DSCF0232.JPGコレステロールが

気になる方は

豚モモスライスを

使えばいいでしょう。



葱を芯に巻くことで、火が通り過ぎないのでいいですよ!


・薬味として、たくさん摂りましょう。

・蒸し豚のポン酢
  脂の少ない豚肉に、薄い塩を振り、にんにくのスライスを乗せて

  蒸します。蒸すことで余分な脂も落ちます。

  冷めたらスライスして、好みの生野菜に乗せて、刻み葱を

  たっぷり乗せてポン酢で頂きます。ポン酢に少しごま油を

  混ぜると香りがよく食欲も出ます。(すり胡麻でも可)

・レバーと浅葱の炒め物(豚モモ肉でもOK)

  炒め物は、カロリーが多いからと避けている方
  是非、テフロン加工やシルバーストーン加工のフライパンを
  使いましょう。油で拭くくらいで炒め物が出来ます。

  レバー(豚モモ)を浅葱と同じ位の細さに切って牛乳に

  漬けて臭みを抜きます。

  先にレバーを炒めます。炒め物なので油と一緒に摂れば有効な

  カロテン・人参も同じ大きさに切って炒めましょう。(塩・胡椒)

  レバーと人参がいた炒まったら、あさつき(3センチくらい)を

  入れて火を止めます。お酒を振るとアミノ酸もアップします。
  ※あさつきを入れたら火を止めるのが、栄養素をこわさないコツ。

アーティチョーク料理、健康作用、栄養素

■アーティチョークの健康作用

アーティチョークはでんぷんが多いですが、(45Kcalゆで)

じゃがいも(84Kcal蒸し)、米(168Kcal)ですから、カロリー的には

あまり考えなくてもいいでしょう。

脂肪の分解を助けたり、肝臓の働きを助ける胆汁の分泌を促すシナリン。

利尿作用、ナトリウムの排除を促して血圧を下げるカリウム。

ビタミンC、葉酸の作用で血液をサラサラにし、脳血栓や

動脈硬化を予防します。

ダイエットに効果的な水溶性食物繊維。


■アーティチョーク料理

  茎と頭部分1/3を切り落とし、塩・レモン汁を入れた湯で

  20〜25分茹でます。

  じゃがいも・ゆりね・くわい の食感


・ソースやバターを付けて食べます。(じゃがバターの感じです)
 (カロリー、油脂制限している方には、オススメしません。)

・ノンカロリーマヨネーズで和える。

・たらこや梅肉和え、白和えにする。

・ポトフ、シチューのじゃがいもの代わりとして使う。
 (一度茹でてあるので、入れるタイミングをずらしましょう。)

06110419.DSCF1264.JPG06110220.DSCF1251.JPG06120120.DSCF1364.JPG


・アーティチョーク入りグラタン
 (バターを使わず、牛乳の変わりに豆乳を使ったホワイトソース使用)

・上記の種を使ったクリームコロッケ

・ヒラメの蕪蒸し、海老ときのこの葛あんかけ
 (葛あんにアーティチョークをゆり根の代わりに使用)

※ダイエットなどでカロリー制限をしている方は、和え物
  サラダ、蒸し物などがオススメです。
  グラタン、コロッケもバター、牛乳を使っていませんので
  コレステロールを気にしている方にも良いと思います。
  いろいろ考えてみてくださいね!


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。