記事索引
Sponsored links
  

アーティチョーク料理、健康作用、栄養素

■アーティチョークの健康作用

アーティチョークはでんぷんが多いですが、(45Kcalゆで)

じゃがいも(84Kcal蒸し)、米(168Kcal)ですから、カロリー的には

あまり考えなくてもいいでしょう。

脂肪の分解を助けたり、肝臓の働きを助ける胆汁の分泌を促すシナリン。

利尿作用、ナトリウムの排除を促して血圧を下げるカリウム。

ビタミンC、葉酸の作用で血液をサラサラにし、脳血栓や

動脈硬化を予防します。

ダイエットに効果的な水溶性食物繊維。


■アーティチョーク料理

  茎と頭部分1/3を切り落とし、塩・レモン汁を入れた湯で

  20〜25分茹でます。

  じゃがいも・ゆりね・くわい の食感


・ソースやバターを付けて食べます。(じゃがバターの感じです)
 (カロリー、油脂制限している方には、オススメしません。)

・ノンカロリーマヨネーズで和える。

・たらこや梅肉和え、白和えにする。

・ポトフ、シチューのじゃがいもの代わりとして使う。
 (一度茹でてあるので、入れるタイミングをずらしましょう。)

06110419.DSCF1264.JPG06110220.DSCF1251.JPG06120120.DSCF1364.JPG


・アーティチョーク入りグラタン
 (バターを使わず、牛乳の変わりに豆乳を使ったホワイトソース使用)

・上記の種を使ったクリームコロッケ

・ヒラメの蕪蒸し、海老ときのこの葛あんかけ
 (葛あんにアーティチョークをゆり根の代わりに使用)

※ダイエットなどでカロリー制限をしている方は、和え物
  サラダ、蒸し物などがオススメです。
  グラタン、コロッケもバター、牛乳を使っていませんので
  コレステロールを気にしている方にも良いと思います。
  いろいろ考えてみてくださいね!


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。