記事索引
Sponsored links
  

花粉症に効果あり:ジャバラ・邪祓・邪払という柑橘

邪祓101125-1.jpg


和歌山県の北山村というところに、ひっそりと自生していた
ジャバラという柑橘。
調査の結果、日本中はおろか世界でも新種の柑橘であることがわかり、
1979年(昭和54年)に新種登録されたそうです。

昔から奇跡の木といわれて、邪気を祓うということから邪祓・邪払・ジャバラ
と呼ばれています。
どこが奇跡かといいますと、この果汁を飲むと元気になる。
特に、花粉症に効果があるという調査結果が出ると
一挙に人気が出た。

北山村だけで栽培されていたジャバラも、近年ほかの県でも
栽培されるようになったようで、市場にも良く出るようになった。


北山村では、ジャムやポン酢などに加工されて販売されている。
これらは楽天市場でも取り扱っている。


焼き魚に絞ったり、市販のポン酢に加えたり、果汁を蜂蜜で割って
ジュースにしたり、生で使うのが一番良いと思いますが、
市場に出始めたとは言っても、まだまだ生では手に入りにくいですね。
ネットショップのものを利用されると良いでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。