記事索引
Sponsored links
  

むくみ取り、きゅうりの栄養素、健康作用、きゅうりレシピ

■きゅうりの栄養素、健康作用

きゅうりには、イソクエルシトリンという成分が含まれ、

むくみ取りの効果がある。

膀胱炎、急性腎炎で、むくみがある場合の応急処置に効果。


■きゅうりレシピ

圧倒的に生で食べることが多いですね。

サラダや酢の物に利用しますが、きゅうりにはビタミンCを

破壊する酵素がありますので、他の野菜と混ぜずに単品で

使いましょう。野菜ジュースなどもきゅうりは外したほうが

良いでしょう。


中華では、炒め物にしますね。

細切りを肉と一緒に塩コショウ、醤油で炒めても美味しいです。

ぬかずけは、栄養価がぐーんと増します。(VB1)

抗潰瘍作用、キャベツの健康作用、栄養素、キャベツレシピ

■キャベツの健康作用、栄養素、キャベツレシピ

キャベツの葉1枚で1日の必要量半分が取れるほどビタミンCが

豊富です。

含まれるビタミンKは血液を凝固させ、骨を強くし、骨粗しょう症

を防ぎます。抗潰瘍作用もあり、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の予防

治療に子かがあります。

ビタミンU・Kが通風の発作を予防します。

硫黄、塩素などのミネラルを含み、胃腸内で消化吸収を助け、

消化不良によるむかつきを防ぐ作用があります。


■キャベツレシピ

茹でる、煮る、炒める、生、蒸す・・使い道豊富。


キャベツを生で食べる

ビタミンCを摂るには生で食べるのが一番良いですね。

春キャベツならよく洗ってちぎって食べるのが良いです。

刻みキャベツもよく洗ったあと刻んで、栄養のことを考えると

水に浸さないで切ったまま食べるのが良いのでしょうが

パリッとした食感も味の一つですから、どちらが良いかは

個人で判断してくださいね。

葉の真ん中にある芯に直角に刻むとか、丸ごと端から刻む、

一枚づつはがして丸めて切るとか、さまざまきり方がありますが

ご自分で一番美味しいと思う方法で良いと思います。

いろいろ言われますけど、食感も見た目も味の一つですから

とらわれないで良いと思います。


キャベツを炒める

簡単、手軽なので大いに炒めてください。

回鍋肉(ホイコウロウ)は肉料理ですが、キャベツを美味しく

食べる料理の一つですね。

キャベツは大ぶりに切ってさっと茹でます。豚肉は厚めに

スライス4〜5センチ角くらい(お好みで)に切って

長葱、生姜を入れて茹でます。(脂落とし)

鍋に油を引き豆板醤を炒め、刻み葱、生姜、にんにくを入れて

香りを立たせ、キャベツと豚肉を戻し(回:鍋を使い回す)

甜麺醤、醤油、酒、砂糖、酢で味を調え、ごま油で仕上げます。


肉(ロー)は中国では豚肉のことですが、牛肉でも、鶏肉でも

良いんじゃないでしょうか。厚揚げもカロリーが低く抑えられて

良いですよ。


炒め物は、こだわり無く肉と合わせたり、魚介類と合わせたり

簡単に食卓の一品となりますね。

醤油、ソース、塩コショウどんな調味料とも相性が良いです。

味、食感、栄養面でも手早くいためるのがコツです。


キャベツの蒸し物

キャベツの重ね蒸し

07010812.DSCF1595.JPG実はこれは白菜です。

作り方は同じ、

イメージとして

見てください。

こんな重ね漬(漬物)も

ありますね

キャベツはさっと茹でて(半生)おきます。流し缶に薄塩した

キャベツ、魚介(肉)を交互に重ねて酒を振りかけて蒸します。

切り分けてそのままでもよし、くずあんをかけてもよしです。


その他、煮込み(ロールキャベツなど)、茹でて酢の物

漬物、などいろいろ楽しんでください。

抗酸化作用、かぼちゃの健康作用、栄養素、かぼちゃレシピ

■かぼちゃの健康作用、栄養素

かぼちゃは代表的な緑黄色野菜。カロテンを多く含む。

かぼちゃには抗酸化作用があり、活性酸素を除去してガン細胞の

発生を防ぎ、発生してもガンと闘うマクロファージなどを活性化

します。

粘液を丈夫にし、カゼに対する抵抗力をつけます。

ビタミンCも含まれ、これも体内で発ガン物質が作られるのを

防ぎます。

■かぼちゃの料理レシピ

煮物、揚げ物、焼き物、温野菜サラダといろいろ使えます。

カロテンは油と一緒に摂取すると効率が良いので、油調理を

オススメします。といっても油の制限をしたい方は少な目の油で!

煮物はだしで煮るのですが、一度油で素揚げしてから煮ると

良いですね。またお肉と一緒でも油、たんぱく質も一緒に摂れて

一石二鳥です。油の少ないお肉を選ぶとカロリーも低く抑えられますね。

天ぷらも油と一緒に摂れます。かぼちゃ2枚の間にひき肉などを

挟んで揚げても良いでしょう。

蒸して(ゆでるよりは水気が良く切れてホクホク)つぶし、

かぼちゃのコロッケ、甘いのが苦手な方は、じゃがいもと半々に

すれば良いですよ。

温野菜や味噌汁の実にも、また蒸したものを潰して、だしでのばし

ミキサーにかけ、ホワイトソースや牛乳を加えスープにすると

カルシウムも一緒に摂れます。

鉄板や網焼きでも美味しいです。網焼きのときにサラダ油を

刷毛で薄く塗って焼けば栄養効果も上がります。

お肉のスライス(鶏、豚、牛何でも良い)を冷しゃぶにして

生野菜をたっぷり使い、硬めにゆでたかぼちゃスライスを

甘みのアクセントにすると、美味しい。

かぼちゃは、漬物にも出来ます。あまり厚くせず(スライスでも)

ぬかずけにすれば、カリカリとして美味しく、ぬかによる

ビタミンB1も増えて栄養効果が高まります。

潰したかぼちゃを砂糖、水あめなどで煮てかぼちゃのあんこも

出来ます。その応用でかぼちゃ羊羹。寒天寄せなど冷たい

デザートとしても利用できます。

カロリーのこと、制限のことを加味して上手に摂取しましょう。

| 栄養素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

糖尿病、オクラの健康栄養素、オクラレシピ

■オクラの健康栄養素、料理レシピ

アフリカ北東部原産。紀元前から栽培されている。

幕末に日本に入ってきましたが、1965年ごろから

普及した。

オクラのヌメリはガラクタン、アラバン、ペクチンなどの

食物繊維。整腸作用やコレステロールを減らす作用がある。

ペクチンは、血糖値の急上昇を防止し、糖尿病予防にも

効果があります。

オクラには他に、鉄分、カルシウム、カロテン、ビタミンCが

含まれています。

栄養価が高いので、夏バテ、疲労回復にも良いですよ。

糖尿病、高脂血症に効果あり。


■オクラの料理レシピ

生で食べる。サラダに、刻んでかつおをかけただけでも美味しい。

納豆とあわせたり、糸作り刺身とあわせても良いですね。

さっと茹でておひたしや揚げびたし。

煮物は、さっと煮てだしを吸わせる。長い間煮ると色も

悪くなるし、栄養素も損なわれます。

オクラだけおひたしにして付け合せる、色も良いですし

栄養素も保たれます。

刻んで、麺の薬味としてもいいものです。

煮物にする時は、
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。